毎日沢山食べてしまえば、沢山運動しても太りますよ。

ダイエットって、単純です。

 

なんで痩せないのか?

ぶっちゃけると、摂取カロリーが多すぎるか、消費カロリーが少なすぎるのです。

食べ過ぎていたり、量は食べていないけれど、甘いメロンパンばかり食べていたら、カロリー過多になります。

食べている量と摂取カロリーは、比例しないので注意しないといけません。

 

また、代謝が悪ければ、それだけ日常生活では太りやすいです。

厳密に言えば、日常生活を送っていても、カロリーを消費しにくいカラダになっているので、それだけ食べてもいい量が増えるし、食べた分だけ太ってしまうという事になります。

 

代謝が悪ければ1日1800カロリー消費できるのに、基礎代謝が悪いことで1日1300カロリーしか消費できなかったら、どんどん太っていきますよね。

1日400カロリーのメロンパンを4つ食べていたら、基礎代謝が良い人は200カロリー分痩せていきますが、代謝が悪い人は300カロリー分太っていきます。

 

つまり代謝が悪い人は、日常生活で摂取してもいいカロリーが少なくなるので、その分食事制限を厳しくするか、消費カロリーを上げるために運動などをしなければならないのです。

普段から運動をしていて、基礎代謝が良い人ほど痩せやすくて、普段から運動などもせずに、基礎代謝が悪い人ほど太りやすいわけですね。

 

また年齢と共に、基礎代謝は落ちていく傾向にあるし、年齢が上がるほどに、体を使わなくなっていきます。

階段をやめてエスカレーターにのったり、歩いていける距離でも車に乗ったり、運動をしなくなったりと様々です。

だからこそ、太っている人ほど太りやすく、痩せている人ほど痩せやすいという傾向があります。

 

結論から言えば、全く運動をしない人でも、1日1000カロリーしか摂取しなかったら、痩せることは出来ます。

そしてめちゃくちゃ運動する人でも、1日3000カロリーも摂取していれば、痩せることは出来ません。

 

そして食事制限のみで痩せてしまうと、基礎代謝が下がってしまうので、太りやすい体を作ることになってしまいます。

体重が一時的に下がって、脂肪が減っても、食事制限をやめれば、それだけ太ってしまうのです。

 

理想を言えば、食事制限をして、しっかりと摂取カロリー<消費カロリーにし、しっかりと痩せる。

そしてタンパク質をしっかりとって、筋肉トレーニングを併用することで、痩せても筋肉量が増えるので、食事制限を辞めた後でも、太りにくいカラダをつくることが出来ます。

筋肉量が増えれば、エネルギーを燃焼させることがうまくなるので、基礎代謝がUPするので、リバウンドしにくいカラダを作ることが出来るわけですね!

 

痩せたかったら食事制限。

その後にリバウンドしたくなかったら筋トレまたは軽い有酸素運動も同時に行う。

これがダイエットの本質であり、絶対条件です。

 

飲み物を飲んだら痩せるとか、そんなうまい話が転がっていますが、嘘です。

代謝を上げることを助けてくれたり、満腹感を感じさせてくれるだけです。

結局は食事制限や運動という努力が必要なので、楽をせずに、辛くても痩せるんだという強い意志をもってください。

 

努力は裏切りません、まじで!